ムラタのこれから

まだまだ広がる「つながる」世界

2019年を起点とした中期計画を策定しており、この3ヵ年で引き続き成長の柱となるスマートフォンを中心とする通信分野のビジネス拡大とともに、自動車市場を基盤事業と位置づけ収益の柱としていきます。また、新規事業の創出として、エネルギー・メディカル・ヘルスケア市場で長期的な視点で挑戦を続けていきます。

IoT(Internet of Things)社会に対するニーズの広がりは、当社にとっても大きなビジネスチャンスとなります。市場やお客様のさまざまなニーズに対して、ハードだけでなく、ソフトを含むシステム技術を含め、当社の強みとするセンサや通信技術を融合した新たな価値提供をおこなっていきます。今後もグローバルベースでの連携を密にしながら、お客様へのサービスや提供価値を創造し、ムラタの総力をあげて、これから迎えるIoT社会の「インフラ」構築にまい進していきます。

そして、2030年をゴールとした世界の課題である持続可能な開発目標(SDGs)もムラタが向かうべき大きな社会課題です。事業を通してムラタが課題解決に貢献し、社会に新たな価値を創出していくことが私たちの使命であると考えています。

エレクトロニクスの広がりのイメージ図です。