金沢村田製作所

menu
つくりたいのは、社員全員が笑顔になるスマートファクトリー。

人がやりがいのある仕事だけに集中できるよう、モノを運ぶ、数値を入力する、といった単純作業はロボットやAI にどんどん任せる。作業工程をもっともっとシステム化して、さらに生産効率と品質をアップさせる。万が一、トラブルが起きてもすぐに復旧できる。私がつくりたいのは、社員全員が笑顔で働けるスマートファクトリーです。かなり壮大な夢なのですが、私たち社員を信じてチャレンジさせてくれる社風だからこそ、果敢に挑むことができます。すでに大まかなイメージはできているのですが、どうやって実現するかが難しい。あなたが生産技術課の一員となったら、先を行く海外企業たちが驚くほど魅力的なスマートファクトリーを、一緒に実現しましょう。意見やアイディアは大歓迎です。

1年目からやりがいある業務を
どんどん任せてもらえる

地元金沢の大学でシステム制御などの研究を行っていた私は、卒業後、金沢村田製作所で生産技術課のシステムエンジニアとして働き始めました。社員を信じてチャレンジさせる文化が根づいている会社なので、私も1年目からかなりやりがいのある業務を任せてもらえました。正直に言うと、私だけでは成し遂げられないほど難易度の高い業務でしたが、経験豊富で面倒見の良い上司や先輩、それにいろいろな部署の先輩たちがサポートしてくれたおかげで、なんとかやりきることができました。そして今、スーパーバイザーというポジションで活躍できているのも、たくさんの人が成長と活躍を支えてくれたおかげです。仲間同士で助け合い支え合う。それが、ウチの会社のモットーです。

部署や職種の垣根を越えて、
いろいろな社員と連携できる。

とにかく金沢村田製作所には、さまざまな分野のプロフェッショナルが大勢集まっています。そして、「この人の力が必要!」「この人と仕事をしたい!」という発想で、いろいろな部署・職種のプロたちと自由にチームを組んでプロジェクトを進めることができます(もちろん、プロジェクト内容などによってはきちんと上司に確認を取ります)。そんなドリームチームで仕事をしていると、必ずと言っていいほど毎回「あ!こうすればよかったんだ」「こんなやりかたがあったのか」という新たな発見や気づきがあるんです。ちなみに、他の部署の社員とは業務の中だけではなく、社内イベントや仲のいい社員からの紹介などでも知り合えます。頼れる仲間・切磋琢磨できる仲間と知恵や技術を共有しながら仕事ができる。これも、ウチの大きな魅力のひとつです。

生産技術/ 2006年4月入社
ある日のスケジュール
8:00出社
8:30朝礼
8:45朝ミーティング
9:00資料作成など
10:00打合せ
11:45昼食
12:30現場でシステムの動作確認
15:00打合せ
16:00事務作業
17:30退社