金沢村田製作所

menu
何も起きなかった1日。それが毎日続くように。

“今日も設備トラブルが起きることなく、通常どおり製品を生産できた”。私たち施設管理は、そんな当たり前が毎日続くように、気を抜かず、手を抜かず隅々まで設備の維持管理を行っています。また、万が一のトラブルが発生しても、すぐに通常に戻せるよう、迅速かつ確実に対応。施設管理は裏方のポジションではありますが、製造部門で活躍している多くの社員から頼られ、そして「いつも本当にありがとう」「おかげで助かった」という感謝の言葉を、たくさんもらえる仕事です。村田製作所の製品クオリティに負けないくらい質の高い設備維持管理を行い、何も起きなかった1日を毎日つくり続けていく!それが私たち施設管理の目標です。

チャレンジを楽しむと、
仕事はもっと楽しくなる。

“社員を信じて、どんどんチャレンジさせる”。その企業文化の中で、多くの社員が、いろいろなことに挑戦しています。私の場合は、立ち上げ業務を担当している能美工場の防災関連担当に志願。金沢の工場では、別の方が担当しているのですが、能美工場ではぜひ自分に担当させてほしい!と、上司にお願いしました。もちろん、二つ返事でOKをいただいて、立ち上げ業務と並行してそれにも取り組んでいます。他にも、重要書類の保管期間が切れたら、誰が、いつ、どのように処分するのか、といったルールづくりなど、さまざまなことを担当させてもらっています。チャレンジを楽しむ社員が多い。だから金沢村田製作所は、ずっと成長・発展し続けているのだと思います。

業務に必要な資格は
すべて入社後に取得
その費用は、すべて会社が負担

私は学生時代、プロを目指すくらい野球に打ち込んでいました(ちなみに、ポジションはキャッチャーでした)。なので、この仕事で使う危険物取扱者や高圧ガス製造責任者といった専門資格は、すべて入社後に取得。また、業務に必要な基本的な知識やスキルも、働き始めてから身に付けました。金沢村田製作所は、研修制度や資格取得支援制度がかなり充実しています。私もこの万全の教育・サポート体制に支えられて、まったくの未経験から一人前の施設管理に成長することができ、8つの資格を取得しました。知識とスキルの習得・資格の取得は、担当できる業務の幅を広げ、なおかつ給与アップにもつながります。研修制度や資格取得支援制度などを、有効活用することを、ぜひオススメします。

環境(施設管理)/ 2008年4月入社
ある日のスケジュール
8:00出社
8:30朝礼、業務引継ぎ、班ミーティング
9:00各設備の日常点検、
点検データまとめ
11:30デスクワーク
12:15昼食
13:00各設備の定期保全作業
15:00協力業者と工事打ち合わせ
16:30引き継ぎまとめ
16:45夜勤者へ業務引継ぎ
17:00休憩
17:15メール確認、デスクワーク
18:00退社