MURATA 岡山村田制作所 RECRUITING SITE

Recruit

採用情報

Works

オカヤマムラタで働く

  • 担当する業務領域を

  • 深く知る専門職。

管理系アシスタント

管理系 一般職

  • 社歴
    入社2年目
  • 「この領域では自分がいちばん詳しい」
    当社の一般職は「管理系アシスタント」と「技術系アシスタント」の2分野に分かれており、私は「管理系アシスタント」として生産管理課に所属しています。生産管理課の総合職社員は、さまざまなデータにもとづいて「いつまでに・どのくらいの数の製品を生産するべきなのか」を予測・決定します。私たち一般職は、その生産計画にもとづいて、日々の具体的な生産指示を製造現場に出す役割を担っています。
    生産管理に限らず、当社の一般職は、それぞれの部署で「担当する領域を深く知る」エキスパートとして働いています。アシスタント=補助的な仕事というイメージを持たれるかもしれませんが、各分野の専門職としてキャリアを積み重ねているのです。「この領域では自分がいちばん詳しい」という存在になれるので、やりがいを持って取り組んでいます。
  • 社内コミュニケーションが
    大切なポジション
    生産管理アシスタントはそれぞれ自分の担当商品(電子部品の品種)を持っており、担当商品の在庫数や製造予定数を常時把握しています。たとえば顧客から予定外の追加注文があった場合、その注文数をすぐに販売できるのかどうかを判断するのが、私たち一般職。
    在庫数や製造スケジュールを踏まえて今すぐ販売できないと判断すれば、いつまでに生産できるかを製造現場と打ち合わせ、納期を顧客とすり合わせます。自分の判断と処理によって顧客の要望にスムーズに応えることができたときは、うれしいですね。
    ときには顧客からの急な注文に対応するため、工程の製造オペレーターに作業の優先順位を変えてもらうようお願いをすることもあります。だから私は、普段のなにげないコミュニケーションを大切にして、現場の方との信頼関係を深めることを心がけています。お互いに相手がどんな人か知っている間柄なら、同じ頼まれごとでも気分が全然違うと思うのです。生産管理アシスタントは、一般職の中でも特に社内コミュニケーションが大切なポジションのひとつだと思います。
  • 産休・育休からの復帰社員も多数活躍
    有給休暇の取得を会社が推奨しているので、社員は気兼ねなく休みを取ることができます。私もよく有休を使ってリフレッシュしています。釣りとSUPサーフィンが趣味なので、通常の休日と合わせて3連休にして遊びに出かけることもあります。
    毎週水曜はリフレッシュデー。みんな定時に業務を終えて、好きな時間を過ごしています。社内にフットサル場やテニス場、バスケットコートもあるので、スポーツを楽しんでから帰ることもよくありますね。他部署の方とそこで交流することができるのも楽しいです。
    先輩社員の中には、産休・育休を経て復帰し、短時間勤務制度を利用して働いている方がたくさんいます。子育てをしながらキャリアを積み重ねていくことができる環境が整っているというのは、とても心強いですね。